ターゲットはどうやって絞るのか?

投稿日: カテゴリー: 起業で役立つマーケティングのお話

皆さんこんにちは、ワードプレス集客コンサルタント数藤です。

今日は「ターゲットはどうやって絞るのか?」についてお話しします。

経営やマーケティングのセミナーに行くと、「まずはターゲットを絞りましょう」と言われます。「そうだ!そうだ!その通り!決めなくちゃ!」とその場で思いますが、実際にターゲットを絞るというのは至難の業ですよね。絞るという事は対象が減る事ですし、ターゲットの種類は五万とあるのでどれに絞っていいか分からない。結局、「やっぱり全員!」となってしまっていませんでしょうか。

私の経験上、営業を開始して3年位はターゲットを決められる人はあまりいません。中には営業開始時(起業前)からターゲットを絞る知識や技術を身に着けている方もいますが、そういう方は特別です。3-6年でも厳しいかもしれません。ようやく見えてきた方が多いのではないでしょうか。

最初の5年位は、目隠しして空に銃を乱射している状態です。手あたり次第仕事が取れるものは取るのですが、「自分のやりたい事となんとなく違うな・・・」と思っていて気持ちが空回りしてる方が多いです。一方、営業技術が高い人は、ターゲットを気にせずにバンバン仕事を取ってくる人もいます。そういう方も稀です。でも、面白いもので、5年位たつと、誰から言われるでもなくいつのまにかターゲットを絞っている方が多いです。

このようにターゲットを絞る事は口で言うほど優しくありません。私もコンサルタントを始めた頃は「まずはターゲットを絞りましょう」と言っていましたが、今では、起業して数年の起業家さんには言わないようにしています。なぜならば、すぐに決断できる事ではないからです。

ターゲットが絞れない/どうやったら絞れるのかと思われている方は、まず、ターゲットの洗い出しを行ってみてください。対象となるターゲットをリストにするだけです。簡単ですね。これなら今すぐできます。

・現実的なターゲット
・儲からないけど気になるターゲット
・アクセスしてみたいターゲット
・将来の理想のターゲット
・来てほしくないターゲット
・絶対関わりたくないターゲット

このような感じで、地域、性別、年齢、職種、趣味趣向などの属性を交えてリストアップしてみてください。「半径2km以内のお金持ちの女性」「子供には来てほしくない」などです。100ケは書けると思います。100ケ書けない場合は時間をかけてもいいので頑張ってリストアップしてください。

このリストを大事に保管し、常にバージョンアップさせてください。「やっぱり違うな」と思ったら消込みをするなど追加・削除・整理を繰り返してください。この作業を行うと段々とターゲットが絞られてきます。仕事をおこなっていくうちに/人と話しているうちにいつのまにか理想のターゲットが浮かんでくるのです。少し時間がかかるかもしれませんが、「やっぱり全員!」とは言わずに、できることからチャレンジしてみてくだい!

※ご質問は同窓会フェイスブックで受付ます。