起業してビジネスを行う上で一番重要なのは何か

投稿日: カテゴリー: 起業、ほんとの話

起業してビジネスを行う上で一番重要なのは何か分かりますか?

遂行なミッション?
立派な事業計画?
それとも、技術力や商品力?

残念ながら、どれも大切なそとなのですが、ちょっと違います。

ミッションだけで起業してしまう人もいますが、夢だけで飯は食べられません(笑)

これらがあれば、なんとなく成功しそうな気がしますが、これらよりも大事なことがあります。

それは、「売る力」です。

売る力とは何かをお金に変える能力のこと。

大ヒット的なのは営業やマーケティングですが、これに限らず、大口得意先などの販路があればいいですし、大口顧客を抱える友人でもいいかもしれません。金脈を知っているだけでもいいです。

これらの売る力があれば、ミッションも事業計画書もいりません。流石に売るものの品質が悪いと長続きしませんが、売れたらそのお金で改良をすればいいです。

「売る力」とは、売る物やサービスと売り先を決める事です。

単純ですね。ここから広げていきましょう。

ミッションや事業計画の前に、「何を、誰に、いくらで売るのか?」これを最初に決めておきましょう!