SEO対策の効果を期待している人に読んでいただきたい

投稿日: カテゴリー: 起業で役立つマーケティングのお話

検索結果1位になったから利益がでるわけではありません

SEO業者にお金を払えば(月30-50万円位)順位はそれなりに上がると思いますが、検索順位1位になっても成約が増える訳ではありません。

一時期、順位を上げるサービスが横行していましたが、費用対効果が低くて今はだいぶ淘汰されています。(小売業では効果が高い場合があります)

逆に順位が下がっても成約数を維持している企業も沢山みてきました。

検索順位を当てにしてはいけません

Googleは検索順位のアルゴリズムを頻繁に変更しているといわれています。1位だったのが突然100位以下になってしまった企業を知っています。

Googleはアルゴリズムの詳細を公開していませんので、そのように急激に順位変動しても明確な理由は解明できません。ですから自社の検索結果を見て一喜一憂しても仕方がないことです。

検索順位が決まる仕組みを知る

 
検索順位を決めるのは以下の要素だと言われています。

①Googleからの信頼度
②他者からの信頼度
③ユーザーのページの内容に対する満足度

①は、ペナルティになるような事をしていなか、などです。
②は、被リンクの質と量です。例えば政府系のサイトやヤフーなど大手企業から被リンクをもらうと、ドメインのパワーが上がると言われています。SNSも含みます。
③は、サイトやブログの内容に満足してくれているかです。日頃お伝えしているアクセス数、滞在時間、直帰率などの指標からGoogleが判断しています。

例えば、「ホームページ 制作」というキーワードで検索したけど「探している内容とちょっと違った」「見ても面白くなかった」という場合は直帰率が高く滞在時間が短くなります。

そういう事が続くと、「このページはユーザーの満足度が低い」とGoogleが判断して順位を上げてくれません。逆に、直帰率が低く、滞在時間が長かったり、複数のページが見られていると「ユーザーが満足している」と判断してくれます。これらの総合評価で順位を決めています。

・B社は、Googleの信頼80点、他サイトから被リンクもSNSからのリンクも少ないから50点、内容は指標が低いから30点。
・C社は、Googleの信頼80点、他サイトから被リンクもSNSからのリンクも多いので80点、内容は人気があるので80点。
このような場合は、B社よりもC社の方が上位表示されます。

もちろん、実際はこのように単純ではなくもっと複雑な判断を行っています。

テクニカルSEO対策に過度な期待はしない

このように、テクニカルなSEOを行ったり、単にコンテンツ数を増やせばいいわけではない事がお分かりいただけたと思います。

よくある例なのですが、Descriptionが大事だからといってそこばかりにこだわって修正しても順位が急激に上がるわけではありません。Descriptionとは単にGoogleに対して自己紹介を行っただけなので、上述の「検索の順位が決まる仕組み」には当てはまらないからです。

テクニカルSEO対策でも若干程度順位を上げる事はできますが、更に上を目指すのであればコツコツと「Webマーケティング施策」を行って総合評価を上げるしかありません。

Webマーケティングは何を行えばいいか?

Webマーケティングの基本は以下の3つです。
①露出(HPへの流入)を増やす
②顧客とコミュニケーションを行いファンを育てる
③ユーザーが知りたい記事や伝えたい記事を沢山書く
この3つをやりつづけるしか無いです。

Webマーケティングに「これをやれば成果がでる」というものはありません
 
Webマーケティングは学校の試験のように「これさえやれば大丈夫!」という訳には行きません。スポーツや音楽などと似ていて、上達や結果を出すには集中力や記憶力、筋力、メンタル、動体視力などありとあらゆる能力を磨く必要があり、日々の努力の積み重ねが大切です。

Webマーケティングにおける日々の努力とは、対象ユーザーと向き合い、ユーザーはどのような事を知りたくてどのような事に困っているか、またそれに対してどういうアクションができるのか、その理由は何かという事を日々考えることです。ほかに、どうしたらユーザーの直帰率を下げられるか、どうしたら読みやすくなるか、どうしたらもっとページを見てもらえるかを考えます。これらのアウトプットには、HTMLの知識やライティング技術、画像加工、コミュニケーション力など様々な能力を磨く必要があります。(もっと大事なのは「熱意」かもしれません)

これらは経験者ではないと判断が難しいので、我々コンサルタントのアドバイスが必要だと感じています。

最後に

Googleは、「人にやさしく、人に役立つホームページのための検索エンジン」を目指しているので、しっかりWebマーケティングを行う事が大事です。

以前のように「これをやったら順位が上がった」というインスタントSEO対策はもう通用しません。テクニカル寄りのSEO対策から頭を切り離し、出来る事から一つ一つ実行してみてください。